インプラントとは

 インプラントとは、天然歯の代わりになる人工歯根のことです。
インプラント本体は外科手術によりあごの骨の中に埋め込みます。つまり、歯がなくなってしまったところに、歯がよみがえります。

取り外したりする入れ歯を入れる必要はありません。隣の歯を削る必要があるブリッジをする必要もなくなります。インプラントは平均6~12週間の治癒固定期間を経てしっかりと骨と結合します。
その後、インプラント本体の上部に歯を作成し固定することになります。

何でもしっかりと噛みたい、自然な外観や表情を取り戻したい、楽しい食事をしたい、そんなあなたにぴったりの治療方法です。

楽しい食事、しっかりと噛むことは、身体の健康を保つだけではなく、心の健康にもつながります。

インプラント治療を通じて、あなたが楽しくて充実した生活を送ることができるお手伝いができればうれしく思います。

従来の治療

1.歯が1本抜けた場合

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

 

2.歯が数本抜けた場合

入れ歯を固定するための針金が、見た目にも機能的にも不快です。

3.歯が全部抜けた場合

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

インプラント治療

1.歯が1本抜けた場合

健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。

2.歯が数本抜けた場合

針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。

3.歯が全部抜けた場合

数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

歯の無い場所にインプラントを植えることにより、以前のようにしっかりかむことができます。残っている大切な歯を削ることなく新たな歯ができる治療です。
インプラントは自費治療(保険外)になります。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

この記事のトラックバックURL

 
sitemap