知覚過敏って?

Q:むし歯でなくても歯がしみることがあるそうですが、本当でしょうか?

 

A:冷たい水やアイス、歯ブラシが歯に当たると歯がしみるなど、むし歯ではなくてもしみることはあります。

 これは、まだ歯の「神経」と言っている歯髄(しずい)という歯の内部にある神経や血管が一緒になっている組織があります。歯髄は歯に栄養を送る働きもありますが、知覚と言って、冷たさや触られているなどの感覚を伝達するアンテナの役割があります。

 普段、これらを感じないのは、歯冠部と言って歯肉から外に出ている部分がエナメル質によって覆われているからです。

 無理な力でブラッシングを続けていると、エナメル質が摩耗して内側の象牙質という部分がむき出しになることがあります。象牙質には神経のアンテナの先が入り込んでいます。そのために、しみる、という感覚が生じます。これが知覚過敏です。

 他にも、歯周病の治療などによって歯肉が退縮した場合、生理的や体調の変化によって歯髄神経の興奮、歯ブラシによる摩耗、咬耗などが原因となることがありますが、一時的にしみている場合もあります。

 いずれにしても、放っておくとしみる症状がひどくなる場合があります。しみるところを磨くのが苦痛となってしまう場合には、歯垢がたまり、むし歯や歯周病の原因となることがあります。あるいは、むし歯の初期症状という場合もありますので、早めに受診をお願いします。

この記事のトラックバックURL

 
sitemap